金曜日, 2月 24, 2006

ハヤト君

3 コメント
その昔、俺が中学生のとき、塩釜FCにすごく上手い選手がいるという話を聞いた。教えてくれたのは現在ボブスレー日本代表に選ばれるのではないかと噂されたA君である。彼曰く

『塩釜FCにハヤトって同い年のやつがいてさ、そいつ背が低いけど、超上手いんだよ。スピードがすごくて、センタリングもめちゃめちゃうまい』

だと。俺は塩釜FCに入ってなかった。なぜなら、塩釜FCに入ると学校のサッカー部に入れなかったからである。結局、その人物を見ることはなかった。


塩釜FCって実は結構すごくてですね、元日本代表DF『加藤久』を輩出したことで有名。あと、元U-17で現在グルージャ盛岡の『橋本淳』氏。この御方は、現ボルトン・ワンダラーズの『中田英寿』、現横浜F・マリノスの『松田直樹』、現ガンバ大阪『宮本恒靖』、元ベガルタ仙台、今年からモンテディオ山形でプレーする『財前宣之』らとともに活躍した選手である。でもケガが多いんすよ・・・。で、この橋本氏はですね、実は俺の高校に体育の講師としてきてまして、サッカー部のコーチをしてくれた御方なのである(結局先生になれたのかは不明)。その先生のおかげで、うちの高校は県でベスト8という活躍をしたのである(1つ下の代ですがね涙)。


話がそれましたな。で中学のときから約10年・・・俺も社会人に。
んで、ウイイレ9のJリーグ版を買いまして、マスターリーグをヤリまくってるわけでありますよ。
で、俺のチームにはウイングが不可欠なので、いい日本人ウイングを探したよ。でも、なかなかいないんだよね~。石川直宏とか来てくれないしね。田中達也なんて絶対来ない。ちなみに、使ってるチームはベガルタ仙台ね。J2の選手くらいしかこないのさ。
そしたら、モンテディオ山形にいいウイングがいたわけよ!トップスピード87、ロングパス精度が82、ドリブル精度が86(くらい)。日本人でしかもJ2の選手ではかなりレベルが高い選手である。ただ背が低いんだけどね。名前は佐々木勇人。最初はジェフの佐藤寿人の双子の兄『佐藤勇人』みたいに『ユウト』って名前だと思ったんだけど、あまりにいい選手なので調べてみたら『ハヤト』って名前であった。
それで、どこ出身なのかな~ってさらに調べたらなんと・・・

塩釜FC出身じゃん!!
んで、同い年。足速い。背が低い。あー、絶対A君が言ってた人物じゃん。


まさか、ウイイレのマスターリーグ(しかもスタメン)で使用することになろうとは・・・。あーおもしろい☆


え~、佐々木勇人氏に関してはコチラをご覧ください。
http://www.montedio.or.jp/news/news_041223_1.htm
http://www.montedio.or.jp/staff/p0606.htm

水曜日, 2月 22, 2006

買いました

4 コメント
そりゃあ、買うさ。今年買わなかったら、もう手に入らないからね。一度でいいからこのシャツを着てプレーしたい。でも、洗濯したくないな・・・
でも、このシャツも使ってやらないと傷つくんだろうなあ。あー、葛藤しております。


日本代表勝ちましたね。ぶっちゃけ、日本のFWは久保と巻と寿人でいいような気がする。タカさんとヘナギはいらないのかも。特に師匠はいらない。長谷部はうまいな~。でも松井とかぶるなあ。小野は・・・ピルロだな。うーん、日本強くなったな。


えー、現在オリンピックが開催されてます。開催されているはずです。
サッカー関係のブログを書いてる人にとっては・・・まったく関係ないようです!!誰も話題に触れちゃいない。さすがですタイ。


ワールドカップ始まったらみんな仕事しなくなるんだろうな・・・

月曜日, 2月 20, 2006

シアラーバトンが来ました

4 コメント
やべー!!初や初や!!ブログを始めて早7ヶ月(前の含む)・・・。初めてバトンというものがまわってきました。うーん、緊張するなあ。

お題は『シアラー』だってさ!! どうしよう、どうしよう!!よし、書くかな。


Q1 本棚やPCに入っている「シアラー」は?

マジかよ~。いきなりキツいだろ~。実はあんまり持ってないよ~。というより、あんまりコレクトしないんだよねー昔から。JOJOは全巻集めたけどね(まったく関係ない)。別にシアラーのものを欲しいとか思わないんだよなあ。でも、ファンなら集めたほうがいいのかなあ。彼の生き様が好きだからね。う~ん、答えになってないな。よし、買おう!!

Q2 今思い描いている「シアラー」は?

今年35歳にもかかわらず、ファンニステルローイを超えて得点王になり、現役続行。
ルケのパスを受けてヘディングシュート。シアラーは右手を高く上げてルケと喜びあう。
そして、ルケはその試合を一生忘れないだろう。
うん、チームメイトとゴールの喜びを分かちあう姿だな。
彼は自ら持ち込んで点を決めるタイプではないから、パスの大切さをよくわかっている。
誰よりもチームメイトを愛している。

Q3 最初に出会った「シアラー」は?

EURO96で得点王となったシアラー。イングランドの主将は彼しか考えられなかった。ただ、その当時はまだ中学生だった。あまり海外の選手がわからなかった。そのスゴさに気づいたのはその数年後であった。もっと、早く気づきたかった・・・。あの、どんなボールにでもガムシャラにつっこむ姿は今でも尊敬するプレースタイルである。
ちなみに、ウイニングイレブンではイングランドしか使わなかった。シアラーがいなくなってからはクロアチアをつかい、ボクシッチが引退してからトルコを使うようになった。

Q4 特別な思い入れのある「シアラー」は?

いつだっけなあ?開始20秒くらいで点決めたことなかったっけ?4年前くらいかな(知ってる人おせーて)?あんときはやべえって思った。しかも、その点取ったときも最後まで必死に追ったら決めたからね。やっぱ、尊敬です。

Q5 友達にテーマを添えて回してください。

やっぱり、『サッカーだらだら観戦日記』の『ラテ』さんですかね。じゃあ、「スコールズ」でお願いします!!別に違う選手がよければ、違うほうでもいいっす・・・。

日曜日, 2月 19, 2006

シーズンチケット見ました

0 コメント
Shearer!Shearer!Shearer!Shearer!Shearer!Shearer!Shearer!Shearer!

つーか、シーズンチケットって6年前の映画なんですね。それを知らなかったとは・・・シアラーファン失格であります。


えー、そもそもこの映画はどんな内容かというと、ニューカッスルが大ファンの子供2人が試合を見に行きたいんだけど、金が無くて見にいけないから、試合を見る金をいろんな方法で稼ぐという物語です。結構物語としても面白かったです。トレインスポッティングが好きな人はコチラも楽しめるようです。

主な登場人物は、


【ジェリー】ジェリー
【スーエル】スーエル
2人とも悪ガキであります。昔温かい紅茶を飲みながら、試合を見た時の興奮を忘れられず、また見に行きたいわけです。
【万引き】盲目のふりして万引き
万引きしたものを売って金を稼ごうとします。でも、結局指名手配されてしまい、後に大変な目にあいます。ちなみに、銀行強盗もしてしまいます。当然つかまるんですが・・・
【シアラー】シアラー登場
英雄シアラーの登場です。
【シアラーを呼ぶ二人】シアラーを呼ぶ二人
【シアラーが来てくれた】シアラーが来てくれた

【シアラーからチケットをもらおうとする2人】
シアラーからチケットをもらおうとする2人

【笑って立ち去るシアラー】笑って立ち去るシアラー


【シアラーの車を盗む2人】シアラーの車を盗む2人


なんてやつらだ・・・。ちなみに、シアラーはセリーヌ・ディオンを聴くらしい。

【試合を見ることができた2人】試合を見ることができた2人


よかったよかった。ちなみに、なぜ見ることが出来たのかは、本作をごらん下さいませ。

やはり、シアラーファン必見!!

金曜日, 2月 17, 2006

シアラー殿の引退試合が5/11(木)に決定しました

7 コメント
ついに、シアラー殿が引退するんだなあ。35歳かあ。まだ行けるだろ~。はあ・・・

とりあえず、2005/2006シーズンのシアラーのユニフォームは買わないとな。

つーか、引退試合って木曜日かよ~。絶対12日は会社休もう。シアラーに対するアツい思いをぶつければきっと休めるはず。そして、その日は1日中号泣しているに違いない。本当はニューカッスルに行きたいんだけどなあ。

そういや、相手は中村俊輔率いるセルティックだ。その日ばかりは俊輔さんよ、フリーキック決めないでくれたまえ。ロイ・キーンさん、あまり怒らないでね。

ルケはシアラーが大ファンで、シアラーと一緒にプレーしたいからわざわざスペインから来てくれたというのに、あまりいい結果を残せていないからなあ。

でも、そううまくいかないからサッカーは面白いんだよな。

シアラーもシーズンで2点しか決められなかったときもあったんだし。

シアラーの心残りは、ニューカッスルを優勝に導くことができなかったことだろうな(まだ今シーズン終わってないけど、優勝はほぼ無理)。

どうか、監督となってニューカッスルを導いてほしいと思います。

火曜日, 2月 14, 2006

イングランドのFWは微妙(後編)

3 コメント
ニューカッスルにショラ・アメオビというFWがいます。彼はナイジェリア人ですが、イングランド国籍も持っていました。つまり、彼はナイジェリア代表かイングランド代表になれました。でも、どっちにもなれるわけではなく、どちらか選んだら、後はずっとそこなんですけどね。

で、彼はどちらの代表になろうとしたか。それは・・・イングランドでした。何故でしょうか?

それは、イングランドの方が代表になれる可能性が高いと確信したからであります。

ナメられたもんですよ。天下のイングランドがナイジェリアごときにね。まあ、ヌワンコ・カヌとかマルティンスがいるからね。ナイスな決断だったんじゃないのかな(結局代表には選ばれてないけど・・・)。


じゃあ、今の代表FWを見てみますか。

オーウェン:現在骨折中。あまり無理はしないでね(⊃д`)
ルーニー:現在1番のFWだと思われる。が、最近は1.5列目での活躍が目立つ。スコールズの位置よね。
クラウチ:あまり好きになれない。点決めない。細い。
デフォー:170cm。なんで、イングランドのFWってみんなちっちゃいの?ヴァッセルとか・・・。ヘスキーみたく、でかけりゃいいってもんでもないし。

ふう。どうなの?このままでいいのかーー!!

ただ、こんなこと言いながら、実は期待している選手が1人いる。
それは、ダレン・ベント(22)である。
チャールトンで活躍。身長180cm。現在プレミアリーグで得点ランキング3位(1位:ニステル、2位:アンリ)。イングランドの選手の中で1番点を取っている。
で、この選手の得点シーンを見たんだけど、上手い。速いし上手い。肌の色といい、アンディ・コールを思わせる。

今年のワールドカップで活躍するとしたら、オーウェンでもルーニーでもなくベントだ!!

ベントにイングランドのFWの運命がかかっている。

イングランドのFWは微妙(前編)

0 コメント
最近はブログ書く余裕があまりない。というわけで、一つの話題を2、3回に分けて書くことにした。その方が気楽にかけそうだ。


というわけで、今日の話題ですが、実は最近プレミアリーグ10年のDVDを買ったのですよ。我がブログの右の方にその商品がありますが、それです。広告見てたら自分が買いたくなるという罠に陥ってしまったのよん。

んで、みてたんだけど、やっぱ改めて見るとアラン・シアラー、アンディ・コール、ロビー・ファウラーはやばい。アンディー・コールマジやばい。他にもね、イワン・ラッシュやイアン・ライトといったなつかしの選手を見れてよかった。

いやー、スゴいっす。買ってよかった~・・・でも、見てて思ったことが一つ。

今のイングランドのFWって誰いたっけ?

オーウェン、ルーニー・・・あとは??

次回に続く。

土曜日, 2月 11, 2006

シアラーのすごさについて

5 コメント
シアラーがニューカッスルで201ゴールを記録しました。しかし、一言で201ゴールと言ってもどれだけすごいのかは伝わりにくかったようです(正確に言うと、英語ではゴールズなんですが、ここではゴールと言わせていただきます)。
そこで、世界の偉大な記録と比較してみようと思います。そしたら・・・自分も驚く結果となりました!!なお、記録は全て2006年2月10日現在までのものとなっております。


まずは、シアラーの偉大な記録をおさらいしておくと(結構複雑ですよ)。

・クラブ通算得点:201ゴール
ちなみにこれは、リーグ、カップ、UEFAカップ等の全大会の得点を計算している。9.5シーズンでこの数字のため、1シーズンあたり20ゴール以上ですね。

・リーグ通算得点:255ゴール
ちなみに、これは1992年~現在までの得点数。なぜなら、プレミアリーグというものが1992年に始まったためである。旧プレミアリーグ時代の得点を加えればサウザンプトンで得点した分を+23とし、278ゴールとなる。ダントツトップです。3年連続得点王に輝いた経験を持つ。


それでは、みんなが最も身近に感じる『Jリーグ』からいきましょうか。
【Jリーグ通算得点ランキング】
1.中山雅史:154ゴール
2.三浦知良:136ゴール
3.藤田俊哉:96ゴール
4.城彰二:95ゴール
5.武田修宏:94ゴール

リーグだけの得点だけどね。なんと、100ゴールを達成している選手が2人しかいない!!なんてこった。シアラーはブラックバーン時代に4年間で112ゴールを記録しているというのに・・・。それを考えると恐ろしい。


【セリエA】
最近のニュースだと、デルピエロがクラブ最高の182得点を記録したという(今もっと取ってるかも・・・)。シアラーの201ゴールまであと19ゴールですな。

現在、セリエAで現役でのリーグ最高得点者はエンリコ・キエーザ(シエナ)の134点らしい。ワイフ氏も大喜びでありますな。ちなみに、シアラーは255点。こりゃあ、やべえ。

アンドレイ・シェフチェンコは、チーム歴代2位となる165ゴールを決めた。シアラーは201ゴールである。


こんなもんに、しときますか。



シーズンチケットをAmazonで買いました。明日らへんに届くと思います。早くみたいです。

木曜日, 2月 09, 2006

【体調の話です】目がやばい

3 コメント
あ~、目が痛いです。会社でひたすらパソと向き合って、家でも向き合う・・・のはかなりきつい。

というか、今週おかしい。家に帰ってくると目をあけてられないんだな、これが。頭痛もするぜ。今週は全然忙しくなかったのに(残業0時間)。ブルーベリー食べるようにしようかなあ?

こりゃあ、平日はブログ書けないかも。

火曜日, 2月 07, 2006

シアラー殿がクラブ最多の201ゴール

4 コメント
おめでとうございます、シアラー殿。


ニューカッスルに入団して早10年。あなたは、ニューカッスルにおいて最多得点の201ゴールを記録しました。ブラックバーン時代に3年で100ゴールという怪物のようなペースではありませんでしたが、すこしづつ積み重ねていき、偉大な記録となりました。あまり話題になっていないのがムカつきますが・・・


シアラーの得点シーンってテレビであまりやらないんだよね。なぜでしょう?それは、地味なゴールが多いから。派手に決めたりしない。的確に、確実に決める。超ロングシュートだろうが、オーバーヘッドキックだろうが、インサイドで普通に決めようが、1点は1点。


そして、どんなボールだって必死に追いかけて、ゴールを狙う。たとえ、かっこ悪くても。


ゴールに対する嗅覚は世界一。常にいい場所にいてくれる。


ボールがくれば後は蹴るだけ。


それで、いつの間にか201ゴール。


生涯成績は約400ゴール(代表含む)?


世界一だよ、マジで。


死ぬ前に一度でいいから会って会話したいよ・・・



ちょっと、ikuo氏風に書いてみました。


P.S シーズン・チケットって映画はご存知でしょうか?実はシアラー殿が出演しているのです。


詳しくは↓をご覧下さい。

シーズンチケット。シアラー殿が出演しております

月曜日, 2月 06, 2006

やべっちFCみてたけど

2 コメント
クロアチア強そうだな。

昔の英雄たちが引退してから微妙だな~と思っていたけど、ここまでタレントをそろえてくるとは・・・


8年前とはがらっとメンバーが変わったけど、持ち味はまったく変わっていないことに気づいた。


特徴1.平均身長が推定183cm

これは、ほとんどの選手が180cm以上だということ。でかいですよ。
特に、
・ブティナ(GK):191cm
・プレティコサ(GK):193cm
・トゥドール(MF):192cm
・プルソ(FW):191cm

でかい・・・スタメンクラスの選手に4人も190cm代がいるとは。
司令塔のクラニチャールも185cm。DFは宮本で大丈夫か?


特徴2.サイドがめっちゃ速い

昔はヤルニ、スタニッチ、ラパイッチ等高速ウインガーがいた。わかりやすく言うと、3人ともウイイレでトップスピードor加速力が90以上だったわけである。特に、ヤルニはマジで速かった。ロベカル並に速いよあれは。

んで、やべっちFC見てたら、スルナがめっちゃ速いじゃん!!また速いのが出てきたよ~
しかも、身長182cmだしね。意味わかんね。
競り合いに強い上に、速かったら、三都主じゃ無理だ。


特徴3.DFの硬さは世界一

たぶん、イタリアよりDF硬いと思う。ユーベのセンターバックロベルト・コバチ、ACミランのセンターバックダリオ・シミッチ、ガラタサライのセンターバックステイェパン・トマス。んでボランチが元ユーベ(現シエナ)の最強ボランチイゴール・トゥドール。たのむぞ久保。


特徴4.いいFWいすぎ

8年前、ボクシッチ、スーケルのツートップは世界最強のツートップと呼ばれた。ちなみに、スーケルは8年目のフランスワールドカップで得点王。
で、現在。レンジャーズで大活躍のダド・プルソ。レンジャーズは今回チャンピオンズリーグの決勝トーナメントにまで進出している。あーすごい。
あとはドイツ、ブレーメンでドイツ不動のエース、クローゼとツートップを組むイヴァン・クラスニッチがいる。当然、ブンデスリーガで点を取りまっている。あーやばい。

ちなみに、スウェーデンのエース、ズラタン・イブラヒモヴィッチはスウェーデンとクロアチアのハーフである。
あと、オーストラリアのゴツ男、マーク・ヴィドゥカもクロアチア出身である。

ここで、いいアイディアがある。日本のFWを強くしたかったら、クロアチア人との混血を作れっ!!


以上、クロアチアはヤヴァイのコーナーでした。

土曜日, 2月 04, 2006

ダークホース

0 コメント
ワールドカップ(欧州選手権もだけど)の決勝トーナメントには必ず空気の読めない国が勝ちあがってきます。

前回のベスト4はブラジル、ドイツ、トルコ、セネガル。

右の2つの国は空気読めてないねえ。この2国はこの大会をきっかけに目をつけられましたな。

私もこの大会に影響されて、ウイイレではトルコを使うようになりました(前までクロアチア)。ボバン、スーケル、ボクシッチ、プロシネツキ、ヤルニがいなくなった今、使う気がしなくなってどこを使おうかと思ったら、トルコが目にはいりましてね。
ハカン・シュクール、ハサン・サス、イルディレイ・バストゥルク、ニハト・カフヴェチ、エムレ・ベロゾール、ハカン・ユンサル、トゥガイ・ケリモール、オカン・ブルク、ユミト・ダバラ、アルパイ・オザラン、リュシュトゥ・レチベル(そしておまけにイルハン・マンスズ)。最強である。何人知ってますか?バランスがいいんだよね。すごく使いやすい。


おっと、話がそれまくりましたな。EURO2004でギリシャが優勝したように、最近は無名のチームが勝ちあがることが多い。それはなぜかというと、現代サッカーはカウンターに弱いからである。
なぜカウンターに弱いのかというと、ファンタジスタの登場により、中央を固めなくてはならないため、サイドががら空きになるからだと推測される。そして、その穴をつくウイングフォワードの能力が高くなってきているからだと考えられる。

というわけで、どこが勝つかわかりません。ちなみに、日本はカウンターが下手なので、勝ち上がることは難しいでしょう。

今回の大穴はオーストラリア、ガーナ、あとスイスらへんだな。

カウンターサッカーが有効な現代において、重要なのは
1.安定した守備 2.高速ウインガー 3.タワー型センターフォワード

ギリシャは長身DFをそろえた屈強なディフェンス(たしか5バックだったような・・・)。そして、私が個人的に世界最高の右サイドバックと思っているセイタリディス(元FCポルト。EURO2004を優勝しつつ、チャンピオンズリーグ優勝、トヨタカップも優勝。栄光を1年で取りすぎ。)のオーバーラップからの精密なセンタリング。そこに、当時ブレーメンの長身FWカリステアスがヘッド。完璧なカウンターである。

これをどこまで再現できるか、だろう。

オーストラリアはギリシャ同様、ポポヴィッチを中心とした長身DF、サイドはキューウェル、ブレッシアーノの超高速ウイング。そして、FWにはボディーバランスの鬼、ヴィドゥカ。止められねーよ。特に、三都主とかね。

ガーナもエシアン、アッピアーを中心とした超硬ディフェンス。そこから、アフリカ人ならではのものすごいスピード。けっこうヤバイな。

スイスはタイプがちょっと違うけど、守備は堅く、優秀な前線が多い

コートジボアールもきそうなんだけど、守備がザルだから難しいかもな。前は優勝するんじゃねーかなっておもってたけど。

そう考えると、イランも何気にやばいかも。

柳沢のチームメイト、レザエイを中心とした守備に、マハダビキア、キャビーの高速ウイング、そしてあだ名がヘリコプターのハシェミアン(日本に点決めたやつ)のヘッド。もしかしてベスト8行っちゃう?

日本もね~こういうことできないかねえ。久保次第だな。

木曜日, 2月 02, 2006

得点王は誰だ!?~グループE

4 コメント
まだ、グループEまでしか書いてないんだな・・・長!

グループEはイタリア、ガーナ、アメリカ、チェコ。

イタリアかチェコだろうな。


【イタリア】

【ルカ・トーニ】




【アントニオ・ジラルディーノ】



トーニ、ジラルディーノともにヘッドよし、足元よし、スピードよし。世界最高クラスのFW。
トーニは現在、セリエAで得点ランキング1位である。 ジラルディーノは2年連続得点ランキング2位。
どっちもやべえ。日本に超欲しい。



【チェコ】

【ミラン・バロシュ】


EURO2004で得点王になった男。スピードが持ち味。どうなんだろうなあ。ネドヴェドが代表に復帰すれば・・・チェコも活躍して、点もとれるのかなあ。今回は難しいかな。
あとは、ログベンツとか、スカツェルとかいるけど。
今回チェコはあんまりこない気がするんだよね。


やっぱイタリアだな。うん、トーニだ。