水曜日, 6月 28, 2006

【B'z】MONSTERヤバいです

2 コメント



今日はワールドカップの試合がないため、音楽の話題です。

音楽の話題というか、B'zの話題ですね。

今日、B'zのニューアルバム『MONSTER』が発売されました。もちろん買いました。

えー、超傑作です!活動を始めて何年目だよ!?若手に譲る気ないなこりゃ。

俺の中でB'zのアルバムで3本の指に入る傑作です。


みなさん、一度聴いてみましょう。


↓ちなみに、B'zのオフィシャルサイトはコチラ↓
http://bz-vermillion.com/top/index.html

火曜日, 6月 27, 2006

イタリア・・・

2 コメント
さっきも書き込みしたのだが・・・また書きます。

イタリア!!!


なんてワールドカップは感動的なんだ。最高だ・・・

ワールドカップの決勝はスポーツバーに行く!!

0 コメント
既に予約しました。次の日は仕事。そんなことは知らない。俺は叫びたいんだよ!

今しかないからなあ。次の大会では俺は28歳。一番仕事が忙しそうだもんなあ。結婚してるかもしれないし。サッカーが好きじゃない人と結婚したら、絶対ワールドカップを外で見せてはくれないんだろうなあ。やだな。

そう、今しかないのだ。

月曜日, 6月 26, 2006

イングランドの布陣は・・・

5 コメント
イングランド対エクアドルですな。
まあ、イングランドが勝つでしょう。

しかし、イングランドの布陣には納得いかんな。
ルーニーの1トップって・・・。ケガ明けの選手に1トップさせるなよ。
しかも、ポストプレーヤーじゃないし。使うならクラウチだろ。
今回のイングランドにはかなり期待してるんだが、結局流れがよくないんだよなあ。

このままでは、結局4年前と同じでドイツ対ブラジルになっちゃうよ。で、ドイツが優勝だ。

つまらんなあ。


エリクソンは年俸8億もらってんだから、しっかりやってくれよ~。

日曜日, 6月 25, 2006

投票を終了しました

2 コメント
既に決勝トーナメントが始まりましたので、優勝国、得点王の投票をストップしました。

優勝国予想はやはりブラジルが1位のようですな(9票)。
2位はイングランドか。我がブログを見てくれてる人はプレミアファンが多いからなあ。まあ、予想通りっちゃあ予想通り。
3位はアルゼンチンですね。

得点王はジェラードとニステルが1位(っても2票だけど・・・)。
個人的にはクローゼだと思うけどねえ。

さあ、どうなることやら。注目です。


P.S ゴゴゴゴポータルのLinksをワールドカップ決勝トーナメント仕様に更新しました。便利です。観戦のお供にどうぞ。
↓リンクはコチラ↓
http://yes-i-am.hp.infoseek.co.jp/link/index.html

土曜日, 6月 24, 2006

日本は負けましたが・・・

2 コメント
日本負けましたねえ~。

しょうがないといったらしょうがないんだけど、あんなに盛り上がっていたワールドカップ熱が一気に冷めたような気がします。
気が変わるの速いなあ。

そして、エセサッカーファンはもうワールドカップを見ないに違いない。

しかーし!!今回は優勝候補が予選で順当に勝ち進んだことにより、決勝トーナメントが楽しいっ!!

今日もドイツ対スウェーデンというすばらしい試合が待っています。


フヒョーン

水曜日, 6月 21, 2006

明日かよっ!

0 コメント
明日はブラジル戦だあああ!!!!!

明日は寝れないなっ!!なんで、今日はいっぱい寝ます!!おやすみ!!!!

日本が決勝Tに行くには?

2 コメント
日本が決勝Tに行くには・・・どのような展開を迎えればよいのか?を考えてみましょう。


【展開(1)】
オーストラリア 0-0 クロアチア
日本 3-0 ブラジル

オーストラリア対クロアチアが引き分けの場合、日本が3点差でブラジルに勝たなきゃいけないのだが・・・無理だな。


【展開(2)】
オーストラリア 0-1 クロアチア
日本 2-0 ブラジル

クロアチアが1点差で勝った場合、日本は2点差以上で勝たなければいけない。

あとの可能性は・・・ない!?

つまり、日本は最低でも2点差以上つけてブラジルに勝たないといけないわけか。


ホント奇跡おきろ~

月曜日, 6月 19, 2006

1日フーリガン

2 コメント
昨日は日本対クロアチアでした。

大暴れしてきましたよ。

400人くらいいるスポーツバーで、シャウトしまくり。

ヨシカツ!ヨシカツ!ヨシカツ!ヨシカツ!

相手がボール持ったときは・・・ブーイング。
具体的には教えれません。

やはり、クロアチアで危険な選手は右サイド、ダリオ・スルナだった。
FK、CK、PK全てヤツが蹴っていた。センタリングもスルナが一番上げていた。
今大会で最も輝く右サイドになるかもしれん・・・

まあ、試合の細かい話はしなくてもいいだろ。みんな見たと思うから。

試合後・・・新宿で、酔っ払い日本サポーターと路上でサッカーをしてしまいました。途中から、いろんな国の人が集まってきて、もうよくわからない感じになりました。
中には明神のユニフォームを着ていたヤツがいたので、おもいっきりツッコミをいれてしまいました。
まあ、楽しかったよ。

やっぱ、サッカーは大勢で見るもんですね。

明日は、日本が決勝Tに行くためにはどのような結果になればいいのかを考えてみますか。

ブラジル戦は・・・見にいけないよなあ、多分。イキテー!!

【ワールドカップ用】超便利リンクページ作成

0 コメント
ワールドカップを見るうえで、知りたい国の選手、グループの状況はどうなってるのかなど、知りたい情報をまとめたページを作成しました。

情報はどんどん更新していく予定です。

↓ページはコチラ↓
ゴゴゴゴポータル - Links

日曜日, 6月 18, 2006

クロ倒せー!!

2 コメント
今日の試合は最悪でも引き分け以上じゃないと、駄目だー!

ぎゃー、勝ってくれー!友達とスポーツバーに行って応援するんだから!!

ただ、今回のWCは波乱がまったくありません。ということで、この流れでいくと、日本は負けてしまう。
といっても、負けがそんな流れのせいだなんて言い訳はできない。
そう、流れは自分たちで持ってくるもんだ。


クロアチアはどうやらニコ・コバチを出してくるみたいだ。ニコ・コバチがこんなに警戒されるだなんて。
昔ウイイレで使ってたから、結構好きな選手だったんでちょっとうれしいかも。
日本とプレーする姿を見れるってのがすごくうれしいね。
やはり、万全でない相手を倒しても、何の自慢にもならない。
そう、それが『男の世界』。ニコ・コバチがわき腹を怪我しているからといって、気にしてはいけない。『対応者』になるな・・・(スティール・ボール・ラン 8巻参照)

そして、勝つのだ!!

土曜日, 6月 17, 2006

今回は波乱がない・・・

2 コメント
前に、決勝トーナメントに行くチームを予想したが・・・恥ずかしい。。。

優勝候補がホント順当に勝ち進んでますな。
まあ、これはこれで波乱なのかな。

ただ、決して試合がつまらないわけではないよね。ゴールが派手だね~。
ボールが変わったのはかなり大きいね。
よかったのかもね。
ボールが飛びやすいから、守備が難しいんだなあ。だから、攻撃的なチームに有利だってことだね。


だから、日本は守りに入っちゃだめだ。
クロアチアは、日本に積極的に攻めてこないはず。高原頼むぞー!!

金曜日, 6月 16, 2006

ただでかいだけでは駄目なのだ

2 コメント
昔はAV女優はスタイルがよければブスでも売れたもんです。
しかし、最近のAV女優はスタイルがよいのは当たり前。さらにかわいいのであります。

人ってよりよいものを求めてしまうものなんですね。

これはサッカーも同じです。FWは身長が高ければいいってもんじゃない。
背が高くて、テクニックがあって、足が速くてといった選手じゃないと目立たない時代になってしまった。

たとえばクラウチ、フェルナンド・トーレス。

この2人は特にそうだ。背が高いだけではない。
テクニックがあり、スピードもある。最高だな。やはり、スターになるにはこういう選手でないと駄目なのだと思った。

水曜日, 6月 14, 2006

メディアに左右されず、母国を応援しよう!

2 コメント
ポジティブな新聞はないのか?

『日本は決勝トーナメント進出は絶望的!無能ジーコ!!』
とか書いてあるのをみました。
・・・いやいや、1試合終わっただけじゃん。2連勝すれば1位で通過できます。
まあ、俺もこの前予想したときは日本は予選敗退としたが。

ただ、ここまで日本がボロクソに言われてるのを見ると、なんとか勝ってほしいと思ってしまった。

とりあえず、さっきブラジルがクロアチアに勝ったため、余計クロアチアには勝たなくてはいけなくなってしまった。狙うはブラジルに次ぐ2位か。

ただ、ネガティブになっちゃ駄目だな。たとえば、ジーコがかなり批判されているが、ジーコを監督として認めたのは我が国民なわけだから。
いまさら駄目だといっても、それは国民の責任でもあるんじゃないのか?
いまさらウダウダいってないで、ここは彼を信用して応援すべきだ。

EURO2004のポルトガルを思い出していただきたい。自国開催での初戦、格下ギリシャ相手にまさかの敗北。そのまま予選敗退するかと思いきや、なんと決勝まで進んだ。 流れは変わるものなんだ。

つーか、ギリシャが優勝ってのもホントミラクルだけど。

サッカーは何が起こるかわからないってのはみんなわかっているはず。奇跡を信じてみましょう。



何もわかってない(巨人、阪神のことしか知らない)新聞社は黙ってろ!

月曜日, 6月 12, 2006

波乱がないな・・・

4 コメント
いつも、波乱だらけのワールドカップ。

今回は・・・波乱がない!

どうしたのだ?

いや・・これからだ。これから何かが起こる!!!

土曜日, 6月 10, 2006

どの国が決勝Tに進むのか?

0 コメント
ワールドカップが開幕しました。

ドイツ、エクアドルが勝利を収めています。

試合を見ていて思ったのは、シュートが飛ぶ飛ぶ!!
今回のボールはすごいね。みんなジェラードのシュートみたいだったよ。
今大会は点の取り合いが多くなりそうだな。

それでは、ここでどの国が決勝Tに進むのかを予想していきますかな(既に2試合終わっているが・・)。

とは言っても、現代のサッカーはカウンターがものすごく有効なので、無名の国が勝ちあがる可能性が非常に高い。ただ、その国がどこかはとても当てずらい・・・
そして、前評判の悪い国が勝ちあがることが多いのだ。

たとえば、4年前。ブラジルは予選の結果が非常に悪く、優勝は不可能と言われていた。しかし、優勝してしまった。8年前もフランスは若手ばかりで、あまり期待をされていなかったが、優勝してしまった。


これらのことを踏まえると・・・こうだな。

【グループA】
1位:ドイツ 2位:ポーランド
【グループB】
1位:イングランド 2位:スウェーデン
【グループC】
1位:アルゼンチン 2位:セルビア・モンテネグロ
【グループD】
1位:ポルトガル 2位:イラン
【グループE】
1位:アメリカ 2位:ガーナ
【グループF】
1位:クロアチア 2位:オーストラリア
【グループG】
1位:スイス 2位:フランス
【グループH】
1位:ウクライナ 2位:チュニジア


以上!

ポイントはオランダ、メキシコ、イタリア、チェコ、ブラジル、スペインの予選敗退である。
理由は最初に書いたとおりである。

まあ、自分でも奇抜に書きすぎかなあと思ったけど、絶対波乱は起こる!

順当に勝ち上がると説明しているテレビの解説者よ。あとで、痛い目みなさい。

月曜日, 6月 05, 2006

なんかシュート力が違うぞ

2 コメント
日本対マルタ。

それはまあ、いいや。

でも、マルタはあんな小さな島国なのに、あれだけのプレーができるんだねえ。驚きです。


それよりも、他国の選手たちのシュート力は違うな。

日本・・・微妙だな。


一ついえるのは、駒野はパスうまいな。

日曜日, 6月 04, 2006

ヴィドゥカが騒がれてますね

2 コメント
サッカーアースで『Fall Out Boy』の曲が使われてました。

ちなみに、スーパーサッカーでは『SUM41』や『System Of A Down』が流れてたりします(あと闘将ダイモスとか(笑))。
どうも、サッカー番組では俺の好きになりそうな曲を流すなあ。なんなんだろ、気が合うのかなあ。


ところで、最近のメディアはブラジルやクロアチアの選手よりも、オーストラリアの選手を深く分析しているようです。
気持ちはわかる。オーストラリアは初戦で対決するし、一番倒しやすそうだからね。

その中でも特に注目されているのが『マーク・ヴィドゥカ』だ。

188cmの長身で、ボディバランスも抜群。ということで、止められるのは中沢しかいないということで話題になってます。

元々ヴィドゥカはクロアチア系オーストラリア人だから、カラダでかいんだよね、プルショみたく。

なんとか、ここを封じとかないと日本は勝つことができないってわけだ。

そもそも、オーストラリアはでかい。平均身長が約186cm。ありえないだろ。巻(184cm)でも平均以下ってことだよ。


ただね、個人的に最も気をつけなきゃならないと思ってるのは、ヴィドゥカじゃなくて、ブレッシャーノだな。なぜなら、アレックスがDFするから。たぶん、どこのチームと戦っても気をつけなきゃならんのはアレックスサイドだ。

土曜日, 6月 03, 2006

オランダのFW争いは恐ろしい

2 コメント
つい先日、日本はFWをだれにするかで、いろいろと悩んでました。

しかし、所詮「井の中の蛙」である。

オランダ代表FWの控え選手がもし日本に帰化したら、不動のエースストライカーになるであろう。
だって、あのマカーイが代表に選ばれないんだぞ。


オランダのFW争いは恐ろしい。特に右ウイングだ。ディルク・カイトとファン・ペルシーが争っている。
2人ともすばらしいプレーをしてるみたいだし。

個人的にはファン・ペルシーが好きだが。なぜ、あれだけ冷静にライン際でプレーをできるのか?

右:ファン・ペルシー、左:アリエン・ロッベン、中央:ファン・ニステルローイ。


鬼すぎる。


・・・ファン・デル・メイデはどこへいった?