金曜日, 8月 27, 2010

9/4対パラグアイ戦の日本代表メンバ俺ならこう選ぶ

0 コメント
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100827-00000015-spnavi-socc

なんかこのメンバー納得いかねえなあ。
--------------------------
GK:
楢崎正剛(名古屋グランパス)
川島永嗣(リールス/ベルギー)

DF:
中澤佑二(横浜F・マリノス)
田中マルクス闘莉王(名古屋グランパス)
駒野友一(ジュビロ磐田)
岩政大樹(鹿島アントラーズ)
栗原勇蔵(横浜F・マリノス)
長友佑都(チェゼーナ/イタリア)
槙野智章(サンフレッチェ広島)
内田篤人(シャルケ04/ドイツ)

MF:
橋本英郎(ガンバ大阪)
遠藤保仁(ガンバ大阪)
中村憲剛(川崎フロンターレ)
松井大輔(グルノーブル/フランス)
今野泰幸(FC東京)
長谷部誠(ボルフスブルク/ドイツ)
藤本淳吾(清水エスパルス)
細貝萌(浦和レッズ)
本田圭佑(CSKAモスクワ/ロシア)
乾貴士(セレッソ大阪)
香川真司(ドルトムント/ドイツ)

FW:
岡崎慎司(清水エスパルス)
森本貴幸(カターニア/イタリア)
--------------------------
なっとくいかない理由は、
・若手が少ない
・海外に行ったばかりでレギュラーが確約されていないのに代表に呼ばれると、クラブで活躍が難しくなる可能性がある。

4年後を考えると能力の底上げが必要なんだがなあ。

つーわけで、俺もメンバーを考えてみる。以下。赤字が入れ替えた選手。
--------------------------
GK:
楢崎正剛(名古屋グランパス)
西川周作(サンフレッチェ広島)

DF:
森重真人(FC東京)
田中マルクス闘莉王(名古屋グランパス)
駒野友一(ジュビロ磐田)
岩政大樹(鹿島アントラーズ)
栗原勇蔵(横浜F・マリノス)
小宮山尊信(川崎フロンターレ)
槙野智章(サンフレッチェ広島)
阿部翔平(名古屋グランパス)

MF:
遠藤保仁(ガンバ大阪)
柏木陽介(浦和レッズ)
今野泰幸(FC東京)
長谷部誠(ボルフスブルク/ドイツ)
藤本淳吾(清水エスパルス)
本田拓也(清水エスパルス)
本田圭佑(CSKAモスクワ/ロシア)
乾貴士(セレッソ大阪)
家長昭博(セレッソ大阪)

FW:
岡崎慎司(清水エスパルス)
森本貴幸(カターニア/イタリア)
平井将生(ガンバ大阪)
黒津勝(川崎フロンターレ)
--------------------------

このくらいしてもいいと思う。

スタメンは以下かなあ。



小宮山をスタメンにしてみた。

ダメかなーこれ?

火曜日, 8月 17, 2010

mixiとTwitterの違いについての所感

3 コメント
久しぶりのブログ更新。。
mixiを5年、Twitterを3年使ってきて、違いについて思ったことを改めて書いてみます(マジメに…)。
mixi&Twitterライフを充実させるため。


【コンテンツ】
mixiは日記、ボイス、コミュニティ、カレンダー、フォト、動画、レビュー、メッセージ、アプリなど豊富なコンテンツがあります(ホント増えたなー)。

一方Twitterは140文字限定のツイート(Twitterではつぶやきのことをツイートと表現します)だけ。まあ、ダイレクトメッセージもありますが。
これは、機能を限定することで、気軽にツイートさせる狙いがあるわけですが。

コンテンツの量で勝負するmixiに対し、ツイートオンリーで攻めるTwitter。


【ユーザ同士の繋がり方】
mixiはマイミクになるとき、相手の同意が必要になります。お互いがOKじゃないと繋がることができません。
予定や趣味の共有などをするため、自分をさらすことを許せる間柄となります。
マイミクは基本、友人が中心になるかと思います。
日記やフォトとか公開範囲をけっこう細かく設定できるので、すごく便利だな~って思います。なので、顔をさらしたりなどプライバシーの部分を守ってくれたりするので、大変便利かと。
フォトと動画はもっと限界容量増やしてくれたらいいのにな~とは思いますが。

一方Twitterは、気軽に(一方的に)フォローが可能です。※ただし承認制にすることも可能です
そのため、相手がどう思ってても関係なく相手のツイートを見ることができます。
フォローするユーザは友人だけでなく、有名人、企業、サイトの更新情報、天気予報など様々です。
有名人から気軽に返事をもらえたりするので、距離が縮まる気がします。
また、誰にフォローされるかわからないので、プライバシーをさらけることが難しいところがあります。


【メッセージやりとりの空気】※これは人それぞれだと思いますが…
mixiは友人同士のみが中心ということもあり、日記やボイスなどのメッセージに対し何らかの反応を求める傾向があるかと思います。1つ1つのメッセージを大事に読む感じで。
友達同士でコメントを書いたりイイネ!をつけたりして、コミュニケーションを取るのが醍醐味かと思います。
ボイスや予定にコメントが入ってるとうれしいですね。

一方Twitterは、みんな大人数をフォローしていたりするので、基本流し読みが多いかと思います。
なので、返信はほぼ無いものとして考えた方がよさそうです。
ただたまにリツイート(情報の転送共有)をして広がることもあります。そのリツイートの連鎖が面白かったりします。
コミュニケーションというよりは情報の共有しあいっこ。ってのが1番フィットする表現かと思います。
人間関係にさほど気を使うことなく、気軽に利用できます。


【オープン性】
mixiはアプリについてはオープンに作成をさせているというのはありますが、基本クローズド。
ほぼマイミクにしか、情報を伝えることはありません。
他サービスとの連携はボイスがTwitterと連携してるのみ(これには驚きましたが…)。

一方Twitterは、ものすごくオープン。ツイートは全世界に広まります。※リプライは対象の2人をフォローしているユーザのみに表示
また、Twitterを利用したアプリはどのユーザも作成可能です。
ツイートと画像を一緒に投稿できるTwitpicTweetphoto携帯百景
ツイートと動画を一緒に投稿できるTwitvideo
お気に入りのツイートをまとめたTogetter
ツイートした場所をGPSで伝えるFourSquere
Twitterユーザの動向がわかるTwitivity
動画にツイートでコメントができるUstream
などなど。
今後世界中のユーザが、どんどんすごいサービスを展開していくでしょう。


【更新感】
mixiは皆様、日記やボイスなど1日のうちにそんなに書かないので…数時間に1回何かアクションがあるかな~ってイメージです。そのため、さほど更新感が多い方ではない気がします。※そうじゃないマイミクを持っている方は、そう思わないかも…

一方Twitterは、数分おきに新しいツイートがバンバンくるので、更新感がハンパないです。いつアクセスしてもツイートが出てくる感じ。



とりあえずこんなところかと。

上記からmixiとTwitterが全然違う特性を持っていることがわかるかと思います。
自分も書いてて気づいたところが多々あった。。


利点のみまとめると、
■mixi
・コンテンツが豊富で便利
・プライバシーが守られるので、顔写真などの画像を気軽に共有できる
・友達同士でのコミュニケーションが楽しい

■Twitter
・気軽に、(人間関係をさほど意識せず)気楽に利用できる
・世界に向けて情報を発信できる
・有名人ともメッセージのやり取りが出来る
・オープンなので、どんどんサービスが作られていく
・リアルタイムに更新感を楽しめる


ここで言いたいのは、mixiとTwitterはどっちが優れててどっちが劣っているという話ではなく、
お互い似ているものの、特性が異なり、両方とも違った感覚でサービスを楽しめるということです。

仲間内で密に楽しむmixiに対し、世界中と薄っぺらくコミュニケーションをとるTwitter。

両方を上手く扱えるようになれば、楽しいSNSライフができるようになると思います。


まさに、mixiとTwitterは中村俊輔と本田圭佑の関係に似てますね。
同じレフティーということで比較されましたが、プレースタイルはまったく違うっていう。。


以上。結構書いちゃった。